others
textile board1
ファブリックパネル
650mm x 650mm 
シルクの生地を使ったファブリックパネルです。 霧や靄(もや)などに包まれて、柔らかくほのかにかすんで見える春の夜の月をイメージしています。春の夜の、水分の多いしっとりした空気の中では、様々なものがぼんやりとにじんだように見えると言われます。またそのような状態を朧(おぼろ)と言います。そのどこか朧気で儚さも漂う夜を、直線と滲みを織り交ぜつつ白と黒を基調に表現しました。そのような滲みや月の落ち着いた輝きの味わいは、後染めの生地やプリント生地では出せない先染めの西陣織の織物だからこそ成せる技と言え、更に細かく繊細な織り分けを可能とするKYOGOの技術の賜物とも言えます。