インテリア以外

L’odeur de Kyoto様のバッグに生地を提供しました

L'odeur de Kyoto

京都やフランスの素材を利用した唯一無二のがまぐちバッグを製作されているL’odeur de Kyoto様に西陣織の生地を提供させていただきました。

今回KYOGOの生地製品の中からYUI022の紺色の生地を使って素敵なバッグに仕上げてくださいました。

 

View this post on Instagram

✨ジャポニスムシリーズ✨ 19世紀半ば、西欧に起こった日本熱 〜ジャポニスム〜 日本のきものや染織品は、 ヨーロッパのファッションに大きな影響を与え、 さらには西洋美術が近代へと脱皮するとき、 少なからぬ啓示を与えた。 そんな中、いち早く日本美術に目を向けたのは、のちに印象派と呼ばれることになったフランスの芸術家達とその周辺にいた画家たち。 日本の染織品が持つ装飾性という特質は、モネやマネ、クリムトなどの絵画の中に完全に溶け込んでいるように見える。 ジャポニスムをテーマに、 第一弾として、京都の丹後ちりめんを使用したバッグを製作しました。 さて、第二弾は、西陣織。 中々納得のいくものに出逢えなかったのですが、 遂にキラリ✨と光る西陣織に出逢えました。 こちらは創業150年になる加地織物さんのご協力を得て完成致しました。 歴史ある日本の伝統工芸、西陣織のファブリックに手描京友禅作家の眞鍋沙智さんのデザイン画を元に、輪島塗で世界でご活躍中の、〜彦十蒔絵〜若宮隆志氏に依頼。長い時間をかけて素晴らしい蒔絵を施して頂き、遂に完成致しました。光のあたり方や見る角度によって蒔絵のお色や模様の見え方が変化したり、西陣織の色や模様も変化して見える正しく唯一無二のバッグです✨ こちらは、漆の色の変化を、一本の糸が織りなす色の変化を楽しんで頂きたく、ぜひ実物をご覧いただきたい逸品に仕上がっております✨ #西陣織 #京都 #加地織物 #若宮隆志 #眞鍋沙智 #輪島塗 #漆 #蒔絵 #手描友禅 #唯一無二のバッグ #ジャポニスム #フランス #絵画 #ファッション

A post shared by 辻本理恵 RieTsujimoto (@lodeurdekyotorie) on

 

$B$*Ld$$9g$o$;$O$3$A$i(B